メニュー

設備・検査・治療

当院にて行われている主な手術について、診療報酬に分類されている項目ごとに説明しています。
当院には入院設備がありませんので、日帰り手術で対応できない手術は実施しておりません。実施していない手術が必要な場合は関連病院を紹介しております。


 
外耳道異物除去術 耳の中に入ってしまった物を取り出します。簡単に取り出せる場合はあてはまりません。
耳茸摘出術 耳の中にできたポリープを取り出します。
外耳道腫瘍摘出術
外耳道真珠腫手術
悪性が疑われるものは対象になりません。
 
鼓膜切開術 鼓膜の一部に切れ込みを入れて、奥(中耳)にたまった膿や滲出液を吸い取ります。各種中耳炎で適応となることがあります。できるだけ耳の状態を一緒に見てもらい、症状についての情報を提示しています。効果的であっても強制するものではありません。
鼓膜チューブ挿入術 鼓膜切開だけでは管理が不十分と判断した場合に実施します。滲出性中耳炎だけではなく、難治性・反復性の急性中耳炎に対しても効果があります。内服や処置といった保存的治療がまず行われるべきで、一定期間に治療効果が望めず、さらに、鼓膜切開が何度も必要となる場合に行います。適切な判断により、漫然とした薬剤の服用を避けることも可能となります。
鼓膜穿孔閉鎖術 慢性中耳炎や外傷などにより鼓膜に穴がある場合、これをふさぐための処置です。麻酔液を塗布した後に鼓膜の再生を促す処置をします。
鼓膜形成手術 鼓膜穿孔閉鎖術で穿孔閉鎖できない場合や鼓膜穿孔が大きい場合に行います。ご自分の組織片を鼓膜に移植しますので、鼓膜穿孔閉鎖術よりも成功率が高くなりますが、耳の後ろを2cmほど浅く切開する必要があります。また、血液製剤である生体のりの使用も必要となります。この手術は準備が煩雑なため、日時を決めて行う予約手術となります。鼓膜の形成が入院せずにできるのがメリットです。ただし、鼓膜以外の操作も必要な疾患の場合、入院して行う「鼓室形成術」が必要となります。
 
鼻腔粘膜焼灼術 鼻血の原因となっている部分の血管を電気的に焼灼して出血しにくくします。
下甲介粘膜焼灼術(レーザー治療) 花粉症やアレルギー性鼻炎に対して行います。抗アレルギー剤が比較的苦手とする鼻閉(はなづまり)症状に効果的であることと、しばらく効果が持続する点が特徴です。花粉症の方は、症状が出る前に実施するのが良いです。鼻の表面に麻酔薬を塗布したのち、レーザーをあてて焼灼します。実施後一週間程度は鼻づまりが強くなりますが、その後はアレルギー症状が出にくくなります。アレルギー性鼻炎の鼻づまりでお困りの方にお勧めです。
鼻内異物摘出術 鼻の中に入れてしまい、取れなくなった異物を摘出します。
鼻茸摘出術 鼻の中にできた鼻茸(炎症性ポリープ)を取り除きます
 
扁桃周囲膿瘍切開術 扁桃周囲膿瘍となった部分を切って排膿(ウミを出す)します。ただし、この疾患は入院治療が望ましく、病院を紹介することになります。
咽頭異物摘出術 魚の骨など、のどの奥にひっかかってしまった異物を取り出します。
粘液嚢胞摘出術 口唇(くちびる)粘膜などにできた粘液嚢胞を取り出します。
舌小帯形成手術 先天的に舌小帯(ヒダ)が短く、舌があまり出せないときや、うまく発音できない時に行います。
唾石摘出術(表在性のもの) おもに、顎下腺にできた唾石のうち、舌の下の唾液が排出される部分近くに存在するものに対して切開して取り出します。
ページのトップへ移動する

お電話でのご予約はいたしかねます

電話番号: 093-383-3387
受付時間(月・火・木・金曜日)
8:30〜18:00
受付時間(水曜日)
8:30〜12:00
受付時間(土曜日)
8:30〜13:00
日曜日は休診です。
  • このホームページ上で取り扱われている画像、または個人情報を他の媒体へ複写、転写することを固く禁じます。
  • 当院では、ホームページを通じて得られた方の個人情報は、予め定義された目的以外での使用は決して行いません。詳しくは、当院の個人情報保護方針をご覧ください。
花粉症対策は万全ですか?/対策法や花粉の飛散情報などがご覧いただけます。
備考:
「ふじむら耳鼻咽喉科」に関する補足情報
小倉南区/耳鼻/咽喉科/北九州市/志徳/志井/守恒/病院/耳/鼻/喉/めまい/アレルギー/喉の病気/花粉症/中耳炎/ふらつき/睡眠時/無呼吸/病気/耳の病気/鼻の病気/難聴/インフォームドコンセント/インフルエンザ/予防接種/レーザー/治療